手元供養-いのりオーケストラ


大切な人を偲び、その存在に感謝する、
改めて人と人との絆を再確認する、
そして、今の自分の存在を支えてくれるもの、祈り。
世界中の国と文化に共通した、私たち人間にとって、かけがえのない感情のひとつです。
時代や暮らしによってその姿は変化してきましたが、
その本質はいつも同じもの。

時代・人・価値観が変わり、生活自体がまったく違うものとなった現代。
古いものと、新しいもの、伝統と進化がまざりあいながら、時代が創られてきました。
祈りについても、伝統を尊重する姿勢はとても大切です。
昔ながらの形式を伝え守り、今後も保存してゆく努力は必要です。
そして同時に、新しいスタイルを必要とする人々も増えています。

祈りの形も、それぞれがひとつの道具と考えれば自然な事かもしれません。
道具は使う人々のニーズにあわせて変化してきました。
ひとそれぞれ、自分らしい祈りの姿を。

現在のライフスタイルにあった、より身近なカタチであること。
今までにない選択肢を新しくつくり、自由に選べるスタイルを。
好みのインテリアを選ぶように、大切な場所を考える。
それが、いのりオーケストラの存在です。



店舗情報